0957-21-5333

WEB予約

矯正相談

 

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

顕微鏡治療(マイクロスコープ治療)

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。お気軽にお問い合わせください。

症例紹介
スタッフ募集

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント



HOME»  顕微鏡治療(マイクロスコープ治療)

顕微鏡治療(マイクロスコープ治療)について


当院では、通常、肉眼で行う歯科治療をマイクロスコープ(顕微鏡)を用いて行なっております。
マイクロスコープの拡大率は、最大24倍まで拡大して治療をします。

 

マイクロスコープ根管治療

通常、保険診療では神経の治療は、肉眼で行います。しかし、神経の治療がうまくいかず、歯科医院を何件も回った結果、抜歯になるケースが多くあります。
歯の神経が通っている管は⾮常に⼩さく、肉眼ではまず⾒えず、多くの歯医者が⼿探りで治療をしているのが現状です。ですので、肉眼では失敗する確率が⾼くなるのです。
せっかく高いお金を払ってセラミックの歯をいれても、神経の治療が失敗していれば、数年後にまた痛くなり再治療が必要になります。
再治療をなくすためにしっかりと行おうとすれば、顕微鏡(マイクロスコープ)での治療は必須なのです。

 

当院で行っているマイクロスコープ根管治療の流れ

当院で行なっているマイクロスコープ根管治療(神経の治療)をご紹介します。

  • STEP1.クラウン除去

    金属の歯が⼊っている場合、まずはドリルで金属部分をカットしてはずします。

  • STEP2.コア(土台)除去

    かぶせの金属歯を外したら、土台部分(金属のコア、樹脂+金属ピン)を歯の損傷を抑えるように気を配りながら除去していきます。

  • STEP3.虫歯部分の削合

    根の中で虫歯が進行している部分を注意深く除去します。
    神経はないので、痛みはなくても虫歯が進行していることが多々あります。

  • STEP4.レーザーによる歯肉切除

    虫歯が歯ぐきの下まで進行している場合は、レーザーにより歯ぐきを下げます。

  • STEP5.隔壁作成

    細菌の侵⼊を防ぐため、ラバーダム防湿をするための⽖と後々のコアの⾜場を作る、隔壁作成をします。

  • STEP6.ラバーダム防湿

    細菌の侵⼊を防ぐため、ラバーダム防湿をします。

  • STEP7.根管治療

    ここまで準備して、いよいよ根管治療を開始します。
    あらゆる薬剤、機材を用いて、感染した充填物、神経組織、削粉などをすべて取り除きます。

  • STEP8.根管充填

    根管内の異物をすべて取り除いた後、その空洞に再び細菌が侵⼊しないように根管充填剤を詰めます

マイクロスコープ歯根破折、穿孔修復治療

当院では、破折した歯根、穴があいて痛みが取れない歯など、通常なら抜歯になる歯のマイクロスコープ修復治療も行っています。

マイクロスコープを用いた歯性上顎洞炎の歯の治療

上の奥歯、主に上顎第1大臼歯、第2大臼歯は、根っこの先端が上顎洞底に近接していることが多く、根管治療の失敗などにより上顎洞に感染を起こすことがあります。
上顎洞に感染した歯を放置しておくと、上顎洞に膿がたまります。症状が重い場合は重症になるケースがあり、ガイドラインでは抜歯の対象となります。
当院ではマイクロスコープを用いて上顎洞炎を併発した歯の治療も行っています。

Page Top