0957-21-5333

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

顎顔面口腔育成治療 (バイオブロック)

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。専門医までお気軽にお問い合わせください。

からだバランス咬み合わせ研究所
WEB予約
 
症例紹介
スタッフ募集
堀内歯科BLOG
堀内歯科ユーチューブ

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント
 
facebook
 
twitter
HOME»  顎顔面口腔育成治療 (バイオブロック)

顎顔面口腔育成治療 (バイオブロック)とは

顎顔面口腔育成とは、言うなれば、歯並びを変える治療というよりも顔のパーツの再配置を行う治療です。装置を使用し、歯を積極的に目的方向を定めて動かすことで口の周りの筋肉の緊張具合を変えます。またそれによって顔全体の構成を変え、結果的に歯並びをよくしていくという考え方になります。
学術的に人の顔の魅力を決定づける要素は、左右の対称性と間延びしていない口元であるいことが研究で分かっています。また、この間延びしてない顔つきの人は、自然と歯並びもきれいに並んでいることが分かっています。 現代人の特徴として、いつの間にか間延びして緊張感のない口元に成長してしまっていることが多く、これが、顔全体の印象を悪くし、歯並びも悪くしています。また、同時に呼吸器系の疾患の原因になっています。
この現象を ダウングロース(下方成長) と呼び、さまざまな不正咬合(ふせいこうごう)が生まれる主たる原因であると考えます。
この顔の成長方向を装置を使って積極的に変えていくのが、顎顔面口腔育成治療です。


 

Biobloc(バイオブロック)上顎骨前方牽引装置

顎顔面口腔育成治療では、頭蓋、顎顔面、口腔を生理的な発育に持って行くことで、咽頭部(空気の通り道)を 広くできる可能性が高く、歯並びよりも大切な呼吸の改善が見込まれます。

 

このように歯並びだけではなく、人のクオリティー・オブ・ライフという観点からもっと高い位置にある
●呼吸
●顔貌
をより正しい、健康な方向へ導くことができる可能性がある、それが『顎顔面口腔育成治療』なのです。
歯並びに問題が生じる大元のきっかけは、上顎を含めた中顔面を構成する骨複合体が回転しながら下方に降りてくる、つまりダウングロースです。
この部分に目を向け、不正咬合の原因にアタックして問題を解決しようとするのが、バイオブロック(Biobloc)、上顎骨前方牽引装置を装置として主に使用する顎顔面口腔育成治療です。
 

従来の床拡大装置では、「歯を並べるスペースが少ない」ということであれば、平行拡大、つまり、立体的な問題に目を向けずに、スクリューなどを使用して2次元的(平面的)に顎の骨を広げようとトライするものです。
上顎骨がダウングロースした状態では同時に舌の位置が低位にあり、舌の周囲の筋肉によって顎の骨自体がたわんだ状態になっています。
たわんだ骨をたわんだまま広げようとしてもほとんどの例で、時間がたったり、奥歯のかみ合わせがしっかりしてくるにつれて “後戻り”という現象を起こしてしまいます。
ダウングロースを抑制し、それらを本来あるべき位置、多くは前上方へ再配置させることで、異常を異常のまま放置せず、大元の異常を改善していく(多くは拡大治療を伴います)、その結果歯並びも治っていくのが顎顔面口腔育成治療なのです。
 

治療方法

上顎を前方、側方に拡大し、また下方に降りてしまったものを本来あるべき上方に再配置させるために、バイオブロック ステージ1 or 上顎骨前方牽引装置と呼ばれる装置を使用します。
“上顎に舌がすっぽりと収まるスペース”を作られることを促します。これにより舌の位置の再配置を行います。

上顎の拡大・再配置がある程度進んだら、下顎の治療を開始します。
下顎もバイオブロック ステージ1で前方、側方に拡大します。

上顎・下顎に舌が納まるスペースが確保できたならば、この治療法の肝(キモ)であるバイオブロックステージ3を装着します。

生理的で望ましい顔面・頭蓋そして顎骨の成長条件、正しい環境として、
・上下の唇が閉じていること、・舌が上顎に触れていること、・上下の歯が軽く接していること
の3つがありますが、バイオブロック・ステージ3をしっかり使用することで、この条件をクリアできるという画期的な装置です。(1)、(2)では上顎、下顎別々に治療することで咬み合わせが不安定な時期になりますが、ステージ3を使用することで顎骨のひずみがとれてしっかりした咬合関係を獲得します。

下記にあるほとんどの不正咬合に対して、同じ治療法で進めていくことは大元(おおもと)の原因は一つであることの証(あかし)であると考えています。

 
 

治療開始年齢

上顎骨前方牽引装置という治療用装置が使用できるようになったことで、治療可能な治療開始年齢の幅が大きくなりましたが、患者それぞれが、理想的な顔貌(がんぼう)を得るためには6,7歳、遅くとも9歳前には開始したいものです。

治療可能な歯並び(不正咬合)

●叢生(でこぼこの歯並び)
●上顎前突(出っ歯)
●反対咬合(受け口)
●開咬(上下の前歯間に大きく離れている)
●ガミースマイル(笑うとたくさんの歯ぐきが見えてしまう)

治療で改善する可能性がある症状

●アレルギー性鼻炎
●子供のいびき 等

日本人は欧米人と比較して、明らかに上顎骨の前方発育が悪い人種です。最初から歯並びには不利な骨格なのです。 従来の矯正治療では、患者さまが来院された時点での上顎骨の位置が前提となるためその位置を変えるという発想そのものがありませんでした。
顎顔面口腔育成治療で行う治療は基本的に非抜歯による矯正治療です。もっと言えば、歯並びよりも、『異常な呼吸の改善』『理想的な呼吸路(気道)の獲得』に重きを置いた治療を目指していますし、慢性的な鼻疾患を有するほとんどの患者さんで症状の改善が得られています。
Page Top