0957-21-5333

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

からだバランス矯正

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。専門医までお気軽にお問い合わせください。

からだバランス咬み合わせ研究所
WEB予約
 
症例紹介
スタッフ募集
堀内歯科BLOG
堀内歯科ユーチューブ

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント
 
facebook
 
twitter
HOME»  からだバランス矯正

からだバランス矯正治療とは

からだバランス矯正治療とは、言葉の通り、からだのバランスに合わせた形で歯を並べていく治療のことを意味します。

通常、矯正治療では、ブラケットと言われる小さな装置を一つ一つの歯の表面に張り付け、そのブラケットのレール上を針金が動くことで歯を動かしてます。

針金が元の形に戻ろうとする復元力によって歯を並べているんですね。
そして、上下の歯がだんだんと噛み合っていくのが矯正治療です。

ただし、矯正医はあくまで歯を動かすことには特化していますが、顎の位置を同時に合わせるということは習得していません。

顎の位置についての知識や治療法を習得していません。

ですから、矯正治療した後に頭痛がするとか、肩こりがあるなんて話はよく聞く話ではあるわけです。

これは、まだまだ軽い症状です。ひどい場合は、精神疾患にさえなるほど顎の位置が狂っている場合があります。(整体師が矯正治療を勧めない理由がここにあるわけです。)

これは、患者さま自身がもともとからだをひねった状態で生活していたりすることで歯並びがでこぼこになり、上下がずれていたりするわけですが、このバックグランドに気がつかずにそのまま矯正治療していった結果が患者さまの体調不良につながるわけです。

その他にも矯正治療とは関係ないところでめまいや耳鳴り、体調不良を訴える方がおられます。

こういう方々は、咬んでいる顎の位置がからだにバランスにあっていない方です。
このような方々の治療においては、からだのバランスをまず確認し、そのバランスがあったところで上下の顎の位置を歯並びをあわせるように矯正治療をしていく必要があるわけです。

スプリント矯正

スプリント矯正治療では、顎関節に異常がある場合や顎の位置がずれている場合に上顎にスプリントを治療開始からしばらくの間使用していただいて同時に上下の歯列を動かしていくというものです。 顎の位置については、患者さまそれぞれで顎の周りの筋肉の長さを基準に決定し、その位置に上下の歯並びを可及的に合わせていく形になります。

テンプレート矯正

テンプレート矯正では、顎関節に異常がある場合や顎の位置がずれている場合、あるいは、耳鳴りやめまい他の体調不良があられる場合にテンプレートを就寝中に使用していただきます。 テンプレートを下の歯列に使用しながら、カラダのバランスにあった顎の位置を探し続け、上顎歯列に矯正装置を使用して上顎を並べていきます。

からだのバランスにあった顎の位置に概ねからだが安定してきた時点で下顎歯列に矯正装置は付けていきます。 下顎に装置が入るとテンプレートはだんだん合わなくなっていきますので、テンプレートの代わりの装置として下顎77あるいは、66のピボットを装着し顎の位置をチェックしながら矯正治療をしていきます。

歯が並んできた時点で上下の歯のポジションを確認しながらピボットをはずし、最終の微調整を行いながら可及的に上下の歯列を合わせていきます。 まれに、夜間のテンプレートだけでは、昼間の体調不良が心配な場合などは、昼間にスプリントあるいは昼用のテンプレートを使用していただきながら矯正治療を継続する場合もあります。

Page Top