0957-21-5333

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

Q&A

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。お気軽にお問い合わせください。

からだバランス咬み合わせ研究所
東諫早駅の堀内歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
症例紹介
スタッフ募集

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント
 



HOME»  Q&A(顎関節治療)

Q&Aカテゴリ検索※選んだカテゴリに関連する質問が表示されます。

顎関節治療

顎関節症と過蓋咬合です
顎関節症と過蓋咬合の治療についてお伺いします。
20代前半、男性です。
10年ほど前に顎関節症と診断され、外科手術を勧められましたが、自然に痛みが治まったので当時は結局受けずじまいでした。 しかし、ここ数年で再び顎の不調が目立ち始めました。
具体的な症状は、
  • 一日中顎付近が痛む、特に食事中
  • 睡眠中に突然顎の付け根の痛みで目が醒める
  • 偏頭痛、立ちくらみが頻繁に起こる
  • 口が以前ほど開かなくなった、エラや頬骨が昔より張ってきた
  • 開くと音が鳴り、エラ部分がそれぞれ1から2cmほど膨らむ
  • 腰痛や首、肩の凝りがひどくなった
  • 精神的な不調が続く
などです。
また、素人判断ですが、見たところ上の歯が下の歯をほぼ完全に覆っている、左右の下の奥歯が45度内径している、また上の歯茎がやや左側に傾いていることから、噛み合わせの不調が原因でないかと思います。
ここからがお尋ねしたいことです。
まず、顎の痛みと、エラの張りや噛み合わせ、全身の不調は関係あるのでしょうか。
こういった場合の治療には、やはり手術や矯正治療が必要なのでしょうか。
また、検査や治療費はどの程度になるのか、保険は適応されるのか、という点についても教えていただきたいです。
現在、検査費用や治療費がどれくらいかかるのか分からない為、病院に行くのに二の足を踏んでいる状態です。
よろしくお願いします。

答え

顎関節症と過蓋咬合です
おはようございます。長崎の堀内と申します。
さて、お問い合わせの件ですが、顎関節症と過蓋咬合でいろんな症状があられるということですね。
顎の痛みと、エラの張りや噛み合わせ、全身の不調は関係あるのでしょうかことについてですが、関係があると言われています。
こういった場合の治療には、やはり手術や矯正治療が必要なのかということですが、手術を勧められる場合があるかもしれませんが、するべきではありません。
まず、この状態になっておられる理由として、頚椎がひずんでしまっているということです。これにともなって顎の位置がずれてしまっています。原因はどちらかというのは実は両方なんですが、姿勢が悪いあるいは、うつぶせ寝、横向き寝、頬杖などは関係しています。それにより顎の位置がずれますと、さらに噛みしめを無意識の状態でしてしまい、顎のまわりの筋肉が発達します。筋肉が発達することでまた、噛みしめが助長されます。
噛みしめが強くなることで歯は動きます。
動くというのは、歯自体が顎の骨の中に埋まってしまうということです。そしてさらにかみ合わせが深くなります。
精神的な不調が続かれる理由としては、おそらく、顎関節のすぐ後ろに耳がありますが、この中に平衡感覚をつかさどる三半規管があります。
この三半規管に影響がでると自律神経系に影響が出てしまいます。いわゆる原因がわからない体調不良の原因です。
こういった症状に伴って腰痛や肩こり、片頭痛なども起こっておられると思います。
すべてはつながっています。
この状態のままで、顎だけを手術で直したりすると体のバランスに影響が出ることがあります。
大学病院でのオペを勧められる場合もあるかもしれませんが、矯正治療とスプリント療法あるいはテンプレート療法がお勧めです。
私の病院でも、質問者さまと同じような症状で来院される方がおられます。後は、その原因を時間をかけて直していくことになります。
ご参考にされてください。
顎の痛みは噛み合わせが関係しているのですか?
最近、肩こりや腰痛がひどく、また時々口を大きく開けるとコッキンと音がしたり顎の関節の部分に痛みを感じたりします。仕事のストレスもあり、不眠症ぎみのためうつ病ではないかと思い、受診したこともありましたが問題はありませんでした。
この前、整体の先生に相談したところ、噛み合わせも関係しているとのことですが、どうしたらよいでしょうか?

答え

片方咬み、頬杖、うつ伏せ寝、横向き寝などはありませんか?もしそういう癖があられるようでしたらやめてみてください。原因になっていることが多いですよ。
やめてみても改善が見られないようでしたら、顎の位置自体がずれているか、歯も動いてしまっている可能性が多いです。
そういうときはかみ合わせの専門の先生のところでの治療が必要になるでしょうね。
また、年齢とともに歯が磨り減あってしまうことで上下の歯の接触面積が広くなりすぎると同じような症状がおこることもあります。
顎関節でかみ合わせがおかしいです。
マウスピースも入れてるのですが、奥歯で噛めなくなってしまいました。
奥歯はかなり前に入れて磨り減っています。かぶせなおして悪化しないでしょうか?
教えて下さい。

答え

咬めなくなったんですね!?
マウスピースをいれて奥歯が咬めなくなったということは症状が軽くなったのではないでしょうか。
顎関節症になっている状態というのは、奥歯の噛み合わせが低くなって起こります。
マウスピースを入れて奥歯が咬まなくなっているということですのである程度症状が軽くなったことと思われます。
もともと、顎関節症になる原因というのは、頬杖やうつ伏せね、横向きねなどが原因になることが多いですが、そのあたりのことを踏まえて再発しないようにご注意ください。
奥歯については、あたらなくなったところをおぎなうように奥歯を作り変えることで症状の改善につなげることが可能でしょう。
Page Top