0957-21-5333

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

Q&A

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。お気軽にお問い合わせください。

からだバランス咬み合わせ研究所
東諫早駅の堀内歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
症例紹介
スタッフ募集

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント
 



HOME»  Q&A(歯列矯正)

Q&Aカテゴリ検索※選んだカテゴリに関連する質問が表示されます。

歯列矯正

小児矯正の装置を8歳の息子がつけています。先生は『あごが小さいので上顎を広げていきましょう。上顎を広げれば下顎もそれにつれて大きくなります。』とおっしゃっています。しかし、ワイヤー矯正をする12歳の子を持つ友人から「上顎だけ広げたら上の歯と下の歯の咬みあわせが悪くなると歯科医師から聞いた」と言われました。先生に尋ねても明確な答えがなく不安です。よろしくお願い致します。(37歳・女性)

答え

不安ですよね。
たしかに上だけ広げることもありますが、それは上の歯列がもともと狭く下と合っていないときなどです。ただし、ワイヤー矯正とは若干歯に対しての力のかかり具合も違います。
やはり先生にしっかりご質問されることをお勧めいたします。場合によってはセカンドオピニオン的に他の先生にきいてみられてもいいかもしれませんね。

お礼 丁寧なご回答ありがとうございました。
おっしゃる通りのピンク色のアメリカ製のプレートです。しっかりつけること、かむ事が大切だとは、目からうろこ、でした。
また、息子は横向きで寝ている事が多いです。
寝ている間の事で、直しにくい癖ですが、繰り返し言っていこうと思いました。
ご相談させていただき、気持ちが軽くなりました。かなり思いつめていたのですが、明るい気持ちになってきたので、とても嬉しいです。
本当にありがとうございました。
かなりの高齢者ですが、ずっと慢性的な頭痛や肩こりに悩まされてきました。
歯の状態も悪く差し歯が多く、矯正は無理だろうと長年あきらめていましたが、歯の矯正は何歳でも矯正できる、肩こりも治ると書いてある新聞記事を読みました。
実際はどうですか?前歯4本、奥歯3本は保険の差し歯です。歯の矯正をするにあたり、若い人ならこういった矯正法も矯正装置も選択できるが、高齢者の場合はこれは選択しないほうが良いとか制限がでてくるのですか?歯の矯正ができるといっても、矯正後の満足度も若い人ならレベル10まで矯正できるが、レベル3のあたりで我慢で終わってしまうとかありますか?
問題なく歯の矯正ができると誘っておいて、厳しい現実が待っているだけなら、夢をみさせるのは過酷です。
どうしたら良いでしょうか?

答え

歯の矯正は可能だと思いますよ。
私は、矯正を専門としていますが、一般的な治療もしております関係で、インプラントや差し歯の治療に矯正治療を併用しております。すべての治療を矯正治療でするかどうかは別として全体的な咬みあわせをしっかり治療する際にご年齢に関係なく矯正治療は可能ですし、場合によっては必要です。
お若い方と比べると動きにくいというのは確かですが、先生とご相談されてどこをどこまで矯正治療でするか矯正治療だけで治療が完了できるかなどについて詳細に相談されてみてはいかがででしょうか?
先日ある歯科で矯正に関する話を聞きに行ったら、口の中を見せてほしいといわれ、見せたら、噛み合わせが深いことや乳歯が残っていることに驚かれ、虫歯があるといわれて、矯正の話どころではなくなりました。

そこで
  • 噛み合わせが深いとはどういうことなんでしょうか?
  • 40歳過ぎてまだ乳歯が残っていることはだめなんでしょうか?
  • 痛みがなくても虫歯があれば治療したほうがいいのでしょうか?
補足
乳歯に関してなんですが、乳歯の歯の部分はなくなっています。ただ乳歯があった場所を触ると歯の根っこのようなものがあります。

答え

はじめまして、堀内と申します。私なりのご回答いたします。
  • 噛み合わせが深いということに関して噛み合わせが深いというのは、上下の前歯の重なりが深いあるいは大きいということで下の前歯が見えにくいということでしょうね。こういった場合矯正学的には、前後的に上歯列が前にあることが多いようですが、そういう場合は、顎関節症などの症状が出やすいとも言われています。
  • 40過ぎて乳歯が残っていることに関して通常、乳歯が成人してからも残る場合というのは、生え変わるはずの永久歯が先天的に欠損されていることで乳歯がそのまま残っている場合が多いようです。その場合、30歳前後で根っこが吸収されてなくなってしまうことも多いようです。
    歯が命さんの場合、そのご年齢まで残っていたということですからラッキーと解釈されていいのではないでしょうか?ただし、その乳歯がなくなってしまった場合、乳歯が存在していた場所が空白となり、両隣の歯がその空白の部分に倒れこんでいくことになります。当然噛み合わせが変化し、噛み合わせのバランスの変化によって噛みしめなどが起こってしまって肩こりや頭痛、顎関節症などの症状が起こることがあります。
  • 痛みがなくてもむし歯は治療したほうがいいか?
    こちらに関しては、やはり治療されておいたほうがよろしいのではないでしょうか?
    放置すればするほど、虫歯は大きくなり、痛みがでたりしたときは、処置が大変になりかねませんのでですね。
ということで3つのご質問に対してお答えしました。ご参考になれば幸いです。
Page Top