0957-21-5333

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

顎関節治療

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。専門医までお気軽にお問い合わせください。

からだバランス咬み合わせ研究所
WEB予約
 
症例紹介
スタッフ募集
堀内歯科BLOG
堀内歯科ユーチューブ

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント
 
facebook
 
twitter
HOME»  顎関節治療

顎関節症について

症状

  • 口が大きく開かない(歯の治療のときにあまり口が開かない)
  • 顎関節のあたりで音がする(ガクガク、ミシミシ、ジャリジャリ、パキパキ)
  • 耳鳴りがする

●顎関節症に付随して起こる症状

  • 歯が痛む(虫歯がない歯でも)
  • 歯がしみる
  • 歯の詰め物がよくはずれる
  • 肩こり
  • 歯周病が悪化する
  • 頭痛

原因として

  1. 歯並びの不正
  2. 歯が抜けたまま放置したことによる歯並びが乱れや咬み合わせのずれ。
  3. 左右どちらか一方だけでしか咬まない。(片方の奥歯が欠損している場合も同じです)
  4. 加齢によって歯が磨り減っている。
  5. 寝ている時や起きている時の姿勢。(例)いつも右側を向いて寝る、うつぶせ寝
  6. 頬杖、アゴ杖などの顎に対して負荷を加える癖
  7. 無意識の咬みしめ、歯ぎしり
  8. 頚椎を中心とした背骨とからだのねじれ

が考えられます。

*お子さんでも同じようなことが起こっています。ただしお子さんの場合は、アゴの骨と顔の骨をも含め変形して成長を遂げます。アゴのかみ合わせがずれたお子さんでは、成人してからいろんなからだの症状を訴えることが多くなります。ほとんど40歳以降に表れますが、重い場合は、10代後半からなんとなく体調が優れなかったりするようです。

治療方法

レントゲンやCTを撮影して顎の関節のちょうつがいの骨に問題がないか位置がずれていないかなどをまず診断します。症状が軽い方の場合は、筋肉のマッサージと咬み合わせの調整ですむこともあります。また、奥歯の銀をバランスをみながら作り直すことでいい結果がでることもあります。ただし、歯並びに問題があまりあられない方であることがほとんどです。

歯並びに問題があられる方の場合はやはり矯正治療が必要になることがあります。歯並びにぱっと見た感じで問題がない方の場合でもよくみると問題がある場合があります。

併行してスプリント治療が必要になることがあります。ほとんどの方で、顎の位置が本来あるべき位置からずれてしまって歯がかみ合ってしまっていますので、顎を本来の位置に戻したときに歯がかみ合わなくなります。スプリントをはずすとまた再発ということになりかねませんよね。このずれの分を修正する方法が矯正治療だったり、かぶせ歯にてのバランス調整になります。

歯が欠損しておられる場合は、インプラントやブリッジ、義歯で補うという選択肢になります(*義歯ではずれてしまった顎のずれを支える能力が低く再発しやすいです)これ以外では、他のところに歯があられる場合、全体的に歯を分散する形で移植してバランスを取ることもあります(親知らず以外の移植、かぶせ歯については保険外)。

顎関節症で苦しんでおられるあなたへ

全国に全世界に顎関節症で悩んでおられる方がたくさんおられます。ほとんどの歯科医師にとって顎関節症の治療はあたまを悩ます難題であることは間違いありません。
まず、歯科で言われている常識をすべて忘れてください。その上で歯やあごはあなたのからだの一部であることを理解し、あなたのからだに起こっているすべての現象がつながっているという認識をもてばきちんとした答えが見つかります。きちんと治療するかしないかはあなた次第です。
”治す”レベルにもよりますが、あなたがもし、「痛みさえ止まればそれでいい」とおっしゃるなら当院でなくても大丈夫ではないでしょうか。
ですが、顎関節症は、いろんな体調の不良な状態に関与しています。
体調不良の程度は、人それぞれさまざまですが、プレート療法のページにありますような症状と関連があることは確かです。
どういう生き方をしていくか、どのレベルで生きていくかはあなた次第です。

スプリント療法


スプリント療法とは顎関節症の治療方法の一つです。 これは、顎関節症の全般的症状改善に有効で、 素材は半透明のアクリル樹脂を使用した素材で、患者さん一人ひとりの歯型にあわせた「スプリント」を作製します。 スプリントの装着によって、深く噛んだ時に関節に伝わる力が緩和され、関節や周りの筋肉にかかる負担を軽減します。
さらに就寝時の歯ぎしりや食いしばり等の負担も軽減することができ、 顎関節症の初期にはスプリント療法がとても良い効果をもたらします。

テンプレート療法


スプリント療法でも解決できないような顎関節症の症状やカラダのバランスまで治療する場合は、テンプレート療法を用いて治療に当たることがあります。 テンプレート療法では、頸椎症やめまい、耳鳴りなど全身のバランス異常からくる頭痛など通常では治療が難しいような方の治療が可能な場合があります。

Page Top