0957-21-5333

〒854-0001
長崎県諫早市福田町37-3

大人の矯正(中高生含む)

長崎県諫早市堀内歯科 歯列矯正・小児歯科・咬み合わせ(噛み合わせ)のことなら。専門医までお気軽にお問い合わせください。

からだバランス咬み合わせ研究所
WEB予約
 
症例紹介
スタッフ募集
堀内歯科BLOG
堀内歯科ユーチューブ

堀内歯科予約 LINE@公式アカウント
 
facebook
 
twitter
HOME»  大人の矯正

大人の矯正(中高生含む)

矯正開始までの流れ

  • STEP1.矯正相談

    歯並びを学校検診で指摘された、あるいは歯並びが気になるけどどんな治療方法があるのか知りたい方についてご相談します。(30分¥3,000+TAX ※30分以降は+¥3,000)

  • STEP2.矯正資料採得

    実際にどういう状態であるのかを調べるために口の中の写真、顔写真、レントゲン、歯型、顔面CT、顎関節CT、顎運動記録を取ります。(¥20,000+TAX)

    【矯正全身写真】
    【口腔内写真】
     



  • 【CT】
  • 【レントゲン写真】
    【歯型】
  • STEP3.矯正診断

    資料をもとにコンピュータ等にて分析を行い、現在の状態と問題点について検討を加え治療に必要な装置、期間、料金等について説明を行います。
    (¥18,000+TAX ※平日の12時は¥15,000+TAX)

  • STEP4.治療開始

    診断結果に基づいて治療を開始します。

特別ご要望がなくてもある程度、からだのバランスに問題があるかについて診断いたします。

ただし、からだのバランスも並行して治療するされないは、患者さまご本人、あるいは保護者さまのご要望に沿うようにいたしております。
*一般的な矯正治療では、全身に対しての下顎の位置が適切かどうかを判断しないまま治療が完了しています。これによる弊害が実はたくさんおこっています。
ほとんどの患者さま、矯正歯科医も気がついていません、もしわかったとしても治す方法を知らないことがほとんどです。
当院では、矯正治療(矯正専門医によるものも含む)によって体調をくずされた患者さまの再治療もたくさん手がけています。

中高生の矯正治療

中高生の矯正治療でもなるだけ抜歯しない矯正治療を心がけておりますが、あまり非抜歯治療にこだわりすぎることで治療期間が長くなったり、ご本人の負担が重くなったり、口元の美しさを犠牲にしてしまったりということがある場合は、ご両親、ご本人と相談の上抜歯治療をしていくことになります。

中高生の矯正治療ではほとんど針金の矯正装置(マルチブラケットシステム)を使用することになりますが、一般的にこの治療は、しっかりした治療をするほど治療期間がかかってしまいます。そこで当院では、最新式の次世代ブラケットを使用して治療期間を長くすることなく精度の高い矯正治療を実現することに成功しています。

さらに現在、チタンとモリブデンを成分としたゴムメタルワイヤーを使用しておりまして更に短期間で治療できるシステムで治療を行っています。

デーモンシステム

  demon

マルチブラケットシステムにおいては、ワイヤー(針金)がブラケット(歯に接着した留め金)のレールをすべることによって歯は動きますが、通常のブラケットではこのすべりが悪いという難点がありました。そこで開発されたのがデーモンシステムです。このデーモンシステムでは、ワイヤーがブラケットのレールをスルスルとすべるため通常の矯正治療の約2/3の期間で同じ治療結果を出すことができます。ブラケットの半分は半透明のため審美的です。

デーモンクリア

imgres

デーモンブラケットでも従来のブラケットからするととてもすっきりしていますが、やはり金属の色が見えるのがどうしてもという方のためにデーモンクリアというブラケットがあります。
機能性は、デーモンブラケットと同等の性能があります。さらに材質はすべてポーセレンで作られていますので、とても目立たない装置です。清掃もしやすいですね。
ポーセレンでできていますので、茶渋なども付きませんのでとても綺麗ですね。

成人の矯正治療

当院では、他院で治療ができない顎関節症状をお持ちの方の矯正治療も通常どおりおこなっております。というよりも矯正治療によって顎関節症の治療も同時に行います。
また、成人の方の場合は、見た目もかなり重要ですので非抜歯治療にこだわらず、見た目と機能性、そしてからだのバランスを考慮した矯正治療を行っています。成人の方では、さらに精密なバランスを考慮した矯正治療が必要になります。
使用しています装置は、デーモンブラケット、デーモンクリア、舌側矯正装置、インビザライン、T-アライナーそして、矯正治療用アンカー(オルソアンカー)です。

オルソ-アンカー

07205-16080804

成人矯正においては、デーモンシステムなどのブラケット治療だけでは、ご要望を満足することができないことがあります。もっと口元をきれいにもっと前歯を後ろに下げたいというご要望にお答えするために矯正アンカーといわれるミニインプラントをアゴの骨に埋入し、これを固定源として前歯を後ろに下げます。 また、インプラント以外の方法として親知らずが残っておられる方では、親知らずの代わりに6歳臼歯を抜歯することでさらに前歯を後ろに下げるという方法も選択できます。

見えない矯正

舌側矯正治療

どうしても矯正装置が見えるが嫌という方のために舌側に矯正装置をつける矯正治療ができます。ただし、舌側矯正では、表からの矯正装置ほど効果を期待できないこともあります。 現在、当院では、この舌側からの矯正治療の精度を上げるシステムを用いて表側矯正と同等あるいは、それ以上の噛み合わせを確立しています。 難点としては、表から見えませんが、舌側に装置を配置するために上下の歯に当たらないようにするため、金属で小さい装置を用いています。 そのため、大きく口を開けた時には、やはり見えてしまいます。 また、舌側にあるため清掃が難しいという難点があります。 このあたりがご理解いただける方にとっては、やはり人から気がつかれることなく治療が進行するという点ではやはりかなりのメリットがあります。

   


治療中の写真です。ご了承ください。

インビザライン
 

マウスピース矯正ともいいますが、インビザラインは商品名です。これは、患者さまの歯型をとり、それをアメリカのインビザラインテクノロジー社に発送し、コンピュータでスキャニングします。そのデータを元に当院院長が矯正治療の設計を行います。

その設計を再度アメリカに送りますとその患者さま専用のマウスピースがたくさん作成され、治療ステップごとに患者さまはそのマウスピースを付け替えるだけで治療が完了するというものです。
インビザラインは、現在アメリカを中心に世界的に爆発的に流行する気配があります。
中国では香港を中心にすごい勢いで患者さまが増加しているようです。
矯正装置の装着間、見た目を重視する方にはとても良い方法です。ただし、装着時間はほとんど24時間使用する必要があります。
また、インビザラインの欠点として顎の位置が合っているという前提にたって治療が開始されますので、顎関節症の方、顎の位置がわずかにずれた方などは、ご要望どうりに歯が動いていないことがあります。
この問題点を解決するために現在では、治療の途中であっても顎の位置が変化した時点で再度歯型を取り、設計し直して治療を継続することができます(費用は発生しません)。
逆にその分、期間がかかる場合があるということが難点になります。

矯正基本料金へ

Page Top